アイシネンを解く―発泡性

100倍にふくらんで隙間を残さない気密性抜群のアイシネン

アイシネンは水によって瞬時に100倍に発泡。きめ細かなフォーム(泡)状になって、わずかな隙間にも充填されます。素材に水蒸気を吸着せず、空気の動きに伴う熱や音の移動(伝わり)を妨げ、チリ・ホコリや花粉の浸入も抑制するなど、「気密」「断熱」効果をあわせ持つ画期的な持続性断熱システムです。

適切な換気システムと一体となった高気密高断熱住宅
断熱住宅図説
「高気密住宅」って、なにやら密閉された息苦しさを感じませんか。 実際はそんなことはありません。 外のさわやかさを取り入れたい時は、遠慮なく窓を開けてください。 でも普段は、換気システムにスイッチを入れて、家全体の空気を換気するようにしてください。 「高気密高断熱」の住宅には、強制換気システムが必要です。

アイシネンは完全水発泡。ホルムアルデヒドやV.O.C.(揮発性有機化合物)を含まず、オゾン層破壊の原因物質とされるがフロン系ガス(CFC,HCFC)を用いません。
反応時に発生する微量の炭酸ガスを発泡剤として使います。フロン系は無使用。
瞬時にふくらむこの力が、屋根裏や壁裏の隅々まで断熱材を充填させるのです
空気漏れの原因となる隙間。このほとんどが屋根と壁の取り合い部分に集中しているという報告があります。ウールマットや厚板タイプの断熱材では、施工時に細部に隙間を生じがちです。時間の経過とともに、このわずかな隙間から湿気が入り、結露して、カビが増殖することが懸念されます。
<アイシネン><ウール系>
コンセント周囲<アイシネン>
断熱材の充填が難しかったが配線部分も万全に
コンセント周囲<ウール系>
形状の限界と自重によって隙間を生じやすい
屋根裏<アイシネン>
わずかな隙間もスプレー前にしっかりと防いで養生
屋根裏<ウール系>
この隙間から熱が逃げ、水分や塵芥が浸入